まちカフェ10デイズを終えて

 

NEW!  2020 まちカフェ10デイズ
本年も町田市市民協働フェスティバル「まちカフェ」に参加しました。
期間中の相談は、3件ありました。1件目は、家族の住まいを新しく考えるにあたって、購入候補の中古住宅への同行とその評価の依頼でした。専門家から見ての評価を申し上げ、やがてリフォームの依頼に繋がることになりそうです。2件目は、障がい者の自立を進める団体からの相談で浴室の使い勝手をよくするための相談でした。現地を訪問して対応しました。3件目は、高齢の一人住まいの方の住宅の整備に関する相談でした。期間中のイベントに参加され、来訪されての相談で、参考事例をご覧いただいた後、お住いの住宅の図面を描きながらの相談になり、お話が弾みました。やがてこの方の住まいの環境整備のお手伝いをさせて頂くことになりそうです。

リアルイベントでは、3回イベントを行い、合計9名の方の参加がありました。どの会もVTRをご覧いただいた後、住まいに関するさまざまなお話しで盛り上がりました。密を避け、検温と手指の消毒をしていただいて、マスクをしての会話で、寒い日でしたが、暖かい笑いとにぎやかな話声で寒さを一時忘れるようなひと時を過ごしました。

会員も、一生懸命、安全対策の消毒を行い、お茶や菓子にも気を使ってのイベント開催でしたが、あまり密にもならず、楽しく交流が出来ました。こういうイベントもありとプラスの評価をして良いと思いました。



私たち、『町田すまいの会』は東京都町田市を拠点に”すまい”を通して
”暮らし” ”まちづくり” を多方面から考え環境改善にとりくむ市民活動のネットワークです。


活動の経緯

『町田すまいの会』は、高齢者・障がい者の住宅改善に関わる建築(設計-施工)・医療・福祉の専門家や市民・行政が連携して居住環境改善に関わることが重要との認識から、広く市の内外に参加 を呼びかけ、1年半の準備期間を経て、1995年3月に任意団体として設立されました。
2002年12月 NPO法人として新たなスタートをきりました。この時に建築士事務所を持つ法人として認証されました。そのことで、相談だけで終わるのではなく、実際に必要な設計、工事監理を行い、お引渡しをする事が出来るようになりました。 又、行政からの委託に応えて、住宅改修に関わる事例や検討の成果を情報提供してきました。これからも市や市民団体と連携しながら、支援の必要な方々のすまい・まちの居住環境の向上を図るため に必要な事業をおこなっていきます。