4月 062021
 

小山田桜台団地の中心がこの谷戸池公園です。この池のある中心部にセンター商店街があります。そして周囲に賃貸・分譲合わせて12街区約1620戸の戸建て住宅・共同住宅が林の中に広がっています。駅から遠いために子どもたちが出ていき、第一世代の大人が高齢化し、総体では、”人口減少・高齢化”と駅から遠い他の団地と同じ様に見えます。違うことは、低密度・戸数減を強いられたため、既存地形を保ち、既存の植栽や林を残しながら、ゆとりのある住戸面積の戸建て及び共同住宅がのびのびと配置されていることです。しかも、鶴見川の流量を調整するために、団地全体に4か所の谷戸池が調整池として残され、そのために渡り鳥や名前にもある多種類の桜など多様な動植物が存在することでしょうか。今回、NPO町田すまいの会では、この稀有な団地の事を知り、実際に見学する企画を立てました。

2021年6月22日または29日(火)です。勉強会は、オンラインでまちすま事務局と講師役の団地居住者をつないで、10:30~約一時間強、昼食を挟んで午後に、団地を散策しながら見学します。どうぞお楽しみに!